古銭は魅力がありすぎてぼくは虜になっているのです

わたしが愛してやまない古銭の魅力

古銭の魅力に取りつかれてしまった話

古銭が人を魅了する特徴は、見る人次第で変わる部分は多くありますが、一つは現代にはないデザインであったり、世に出回る数が限られている点も、魅力的で特別な印象を受けるポイントです。

お金が発行される時代とその背景には、政治的な状況が現代とは異なったり、肖像に用いられる基準が今とは違う条件も含まれるので、あらゆる面で現在に得られない要素が、様々な点から古銭に結び付く魅力です。また、収集が目的になるのも古銭の特徴ですから、特定の時代を区切って集めたり、全てのコンプリートを目指せるのも、集めたい気持ちに応える楽しみ方です。

魅力に感じられるかどうかは、人それぞれ違いますが、状態が良い物を探し出すのも、古銭だからこそ体験出来る挑戦なので、休日を販売店巡りに当てたり、オークションに常駐するといった方法も楽しみ方の一種にあります。

ここで大切なのは、あくまでも状態の優れた品を見付ける事で、研磨剤などを使用して磨いたり、表面の酸化物を無理に取り除かない配慮こそが、古銭を愛好する人々に共通した暗黙の了解ですし、忘れてはいけない基本的な決まりです。しかし、発行された年から年月が過ぎれば、外気に晒されたり人々の手に渡る事で、表面に変化が発生するのは避けられず、変色や光沢変化が起こるのは必然です。

時間の変化に魅力を感じるのも事実ですから、あえて能動的に良質な品を探すのではなく、手に出来た喜びを素直に表したり、汚れさえ大切にする気持ちもまた、歴史的な価値がある物から得られる感覚です。

現代に流通する商品でも、通常の支払いに使える物は限られますし、品物やサービスを手にする目的で使用するのは困難ですから、その点は間違いないで足を踏み入れる必要がある趣味です。お金としての意義は発揮出来なくても、歴史が新たな存在理由に変化しているので、そこに代えられない価値が発見出来たなら、この趣味の世界に入る条件が整います。また抜けることも古銭買取を利用すれば手にするのに投じた資金を回収することができます。

ただ、他者から許可を与えられたり、ましてや国から資格を貰う必要は全くありませんから、自覚その物が趣味の許可証替わりで、基本ルールを理解出来ていれば、誰にも拒否される事はないといえます。同じ趣味同士で交流の切っ掛けが生まれますし、楽しみを拡張するコツになるので、インターネットを活用したSNSを始め、直接イベントや店頭で話が弾むのも、潜在的ファンが多く居る世界だからです。

深く足を踏み込めば、出て行くお金は増え続けますが、手頃な商品も手に入れられますから、予算に併せて楽しめる魅力が備わります。